簡単サーフボードケース「デッキカバー」のすすめ

サーフギア

個人的に最近気に入っているアイテムが、サーフボード用の「デッキカバー」です。

というのも、これまで筆者は、サーフボードケースは長らく「ニットケース」を愛用していました。ですが、今はこの「デッキカバー」の楽ちんさが気に入ってしまい、普段のサーフィンで出番の多いサーフボード4本(ショート2本とロング2本)分を、全て買い換えてしまったほどです。

とはいえ、個人の好みはもちろん、人によって向き不向きがあると思いますので、これまで使用して感じたことをシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

サーフボードケースの種類

日常で使用するサーフボードケースの種類は主に以下3つと思います。
たしか20年ほど前は、基本的にハードケースが主流でしたよね??
近年は、ある意味ハイブリッド型の新製品なども出始めましたが、大半の方はニットケースを使用しているのではないでしょうか。

このニットケースが “意外と面倒” と感じている方、デッキカバーも要チェックですよというお話しです。

①ハードケース

3種類のうち最も大きく厚みのあるケース。
サーフボードの保護に加え、ショルダーストラップや小物が入るポケットなども付いていて、持ち運びに便利。
普段使い用の1本用のほか、トリップで使える2本用(ダブル)、3本用(トリプル)もあります。

飛行機を使った遠方トリップや電車サーファーなどにもオススメですが、やはり大きくかさばるのがデメリット。また、材質的にもこまめに洗えないので、カーキャリアに積むなど外に出す機会が多いと、雨やら潮やらで汚れがち。さらに開閉はファスナーが基本のため、少し放っておくと塩分で固まり開かなくなるので要注意です。

②ニットケース

現在の主流はこのニットケース。ハードケースほどの保護力はないけど、かさばらないので普段使いにピッタリ。
使わないときは小さく畳めてコンパクト&今はデザインも様々で、汚れたら洗うこともできる。

普段使いのケースは基本これでOKと思いますが、あえてデメリットを挙げるなら、夏場の車内などワックスが溶けてしまうシーズンはケース内側にワックスがへばりついて最悪です。
また、ショートはさほどでも無いですが、ロングボードの場合はケースからの出し入れが意外と面倒です(お値段も意外とそれなり)。

③デッキカバー

ニットケースよりも、さらに保護力なし。
ですが、最大のメリットは「出し入れ(?)装着(?)」が簡単ということ。また、素材的にも濡れて汚れてしまうこともなく、長期間使っていてもあまり汚らしさがありません。

値段も安く 、さっと付けて、さっと外せるのが嬉しいポイント。後述しますが、他ケースと組み合わせての使用もおススメです。

デッキカバーに向いている人

前途の通り、やはりデッキカバーの最大メリットは「簡単&安い」だと思います。
具体的には以下のような方にオススメしたいですが、ニットケースの出し入れが少しでも面倒と感じている方は、一度試してみる価値アリではと思います。

・サーフボードを複数枚持っている人
・ロングボードほか、ミッドレングスなど少し長めの板を使用している人
・(車で)海に一人で行くことが多い人

▼ミッドレングスやフィッシュ用のデッキカバーもあり

デッキカバーに向いていない人

ですがケース自体に保護力がまったく無いため、以下のようか方には不向きです。

・(車で)複数名の乗り合いで行く人
・普段の持ち運びなど板の扱いに慣れていない人
・派手なデザインが好きな人

他ケースとの組み合わせで使用もオススメ

先ほど、ニットケースのデメリットに「夏場に溶けるワックス」と挙げましたが、そんなときはこのデッキカバーを付けてから、ニットケース(またはハードケース)への収納がオススメです。

自宅に保管中や一人で行動するときは、楽ちんなデッキカバーのみ。
遠出するときや、複数名で乗り合いするときは、安全を期してデッキカバー&ニットケースというのもアリですね。

ロングボーダーには、中間ベルトなしのタイプがオススメ

やはりデッキカバーは簡単取付けが魅力ですから、余計な機能は不要でさっと装着できるものが一番。とくにロングボーダーには中間のゴムバンド無しのタイプをオススメします。

例えば上記のようなタイプ。
これ、ずれ防止で付いているのだと思いますが、正直カバーサイズとボードの長さが合っていれば、そんなにずれること無いですし、逆にこれが付いていると(勝手に留まってしまって)むしろ付けにくかったりと逆にストレス。個人的にはなしタイプの使用がお勧めです。

その他、オススメの商品など

ショートボード編

DESTINATION
定番&シンプルデザインでおすすめ

生地が変更さ保護力がアップ。装着後の締め上げ紐も追加されたタイプ。

Decant
シンプル過ぎるデザインがちょっと・・という方には、カモフラ柄もあります。

ロング/ミッドレングス(ファンボード編)

BEACHED DAYS
こちらお洒落でオススメですが現在ロングボード用は品切れ中(ミッドレングスのみ)。

NOGES
とにかく安く済ませたい人にオススメ。ロング用もベルト無しで便利ですが、サイズが若干小さめなので長さ注意です。

TRANSPORTER
ショート同様にカモフラ柄もありますが、中間ゴムベルトがないタイプがおすすめです。

WASABI
予算に余裕があれば、以下商品なども!?

WOLFS DEN
高い・・・

コメント