およそ1万円のショートも使える!コストコのサーフボード検証、続編

サーフギア

当サイトで多くの方にご覧いただいているコストコサーフボードのレポート記事。

これまでは、サーフィン初心者や体験でも使える、長い方(8’0)を2種類レポートしてきましたが、今回はついに短い方(5’8)を購入。

正直、筆者は普段ショートボードをメインに乗っているため、ソフトボードは “波が無いときの遊びボード” という感覚があり、それならスモールでも沢山乗れる「長い方」という感覚でした。
(波があるなら、普通にショート乗った方が面白いでしょう、みたいな・・)

ですが、やはり8’0のソフトボードは、機能性という意味では限界があります。超小波でもガシガシ波に乗れるため最初は面白いんですけど、個人的には何本か立て続けに波に乗ると、すぐに飽きてしまうんですよね、もう少し板を動かして遊びたいな、とか・・。

8’0ソフトボードの良い点
・テイクオフが早く沢山の波に乗れる
・超小波でもガシガシ乗れてロングライド可能
・スピード感、浮遊感、etc…

8’0のソフトボード悪い点
・アクションできない(ショートの面白さ)※ちょっとバックや軽い当て込みは可能
・ノーズライドできない(ロングの面白さ)
・車だと結構かさばる(ロングよりマシだけど、それなりにデカイし邪魔)

そこで「普段のショートボードではちょっと厳しいけど、波は少しあるんだよね。」そんなときに使ってみようと、コストコの5’8を購入。

実際に海でどれくらい使えるのか、開封からレビューしていきたいと思います。

※前回記事で、ショートボード(短い方)は10,680円と書きましたが、、おなじく値段はかなり変動しており、筆者が購入時は7,777円(税込)。もっと安く買った人も多いようなので、こまめなチェックがお勧めです。

スポンサーリンク

開封〜セットアップ

お店の在庫の関係で、2種類あるデザインのうち今回はこちらを購入。もう一方のデザインの方が、ちょっとマシそうに思えましたが、まぁどちらも微妙なので良しとしましょう笑
ボトム面(裏面)はこんな感じ。長さは(自分の)普段のショートボードよりも若干短いくらいでしたが、厚みと幅がそれなりなので結構かさばります。
8’0と同様に、フィンなどの付属品がテール部分にまとまっています。
クワッド(4枚の)フィンが付属しますので、これを全て取り付けます。
取り付け後はこんな感じ。ギリギリ素手でもいけますが、10円とかコインがあった方が良いです。
取り付け後のデッキ面。リーシュロックの位置を説明書通りにしてみましたが、ここで良いのかなぁという印象。まぁ一旦これで試してみたいと思います。
細かい取り付け方法は割愛しますが、まぁ見れば分かりますよね。一応、取説的なものはありますので、ビギナーも安心。

実際に海で試してみた

ショートでもできなくはないが、全然面白くないコンディション

この日、波のサイズはコシ〜ハラくらい。風は弱いオフショア寄りで面もそんなに悪くありません。

コンディションはというと、たまにアウトで形良く割れるものの、とにかくショルダーが厚く、途中でまたうねりに戻ってしまう波もあります。しかしインサイドはショアブレイクに近いダンパーなので、ここで待つ選択肢はなく、入っているサーファーもアウトでセット待ち。
まぁ、たまのセットは形良く割れるので、これを待てばショートでも乗れるコンディションですが、つまらない波が多めです。セットを掴んでも、ショルダーが厚いのであまり当てどころもないし、パンピングを交えながらインサイドへつないで行き最後はプルアウトみたいな笑

今回はここで最初はショートで入り、途中からコストコにチェンジしてみましたが、正解でした!

まずショートだと、たまのセットしか乗れないのでその取り合いでしたが、このコストコはテイクオフがそれなりに早いので(8’0ほどではないが)他のショートがスルーするような波でもテイクオフ可能でした。

またコントロール性能は、さすがに通常のショートとはほど遠いものの、ライディング中は軽いカットバックを入れたり(というより大きめにターンしながら戻ったり)、向かってくるスープに軽く当て込んだりなどは可能。

普段のショートボードで入っていたときに比べると、乗れる本数は格段に増えましたし、アウトからインサイドまで乗り継げる波も多くありました。明らかに、普段のショートを乗り続けるよりも、楽しい1ラウンドになったかと思います。

どんな人におすすめか

実際に試してみて「アリ」と感じたコストコのショートボードですが、それでもパフォーマンス性能はそれなりの商品。
前途の通り、乗れる本数が増えて楽しい1ラウンドにはなりましたが、たまに良い波が割れると、普段のショートボードの方で乗りたくなる、そんな印象。

また、これは個人的な感想ですが、テイクオフはもちろん早いものの、“劇的に早い” という雰囲気ではありません(当たり前ですが、8’0に比べると全然落ちます)。そして思ったよりフラつくな〜という印象がありました。動き自体は結構軽いんですが、なんかフラフラして安定感に欠けるというか・・。
それでも、この不安定な板で、うまく乗り繋なぐ〜ターンをしていく、など別の面白さはあります笑

ということで、個人的な印象は「持っててアリなボード」ですが、とくには

・まだソフトボードを持っていない人
・超小波でもサーフィンしたい人
・なるべくショートボードに拘りたい人
という方には、この値段も含めてアリなボードだなと感じました。

その他の注意点など

他のネットレビューでも結構言われていることですが、使用後は「海水がかなり出る」ので注意しましょう。
おそらくですが、フィンの取り付け部分から海水が染み込んでいるのだと思われます。
海から上がってそのまま車に積み込むと、結構な水が出たりするので要注意。個人的に、8’0ではあまり気にならなかったのですが、気のせいでしょうか。使用後は、できれば少し外に置いて様子を見る方が良さそうです。

それと上記でも少し触れましたが、やはりリーシュロックの取り付け位置は、後ろ足かかと付近の、最も後方の位置に取り付けた方が良いように思えます。
筆者はレギュラースタンスですが、写真の位置につけて海に入ると、何度かリーシュを踏んでしまいました。
まだ一度しか使用していないためなんとも言えませんが、気になる方は参考にしてみてください。

他におすすめのソフトボード

今回、コストコのショートボード(ソフトボード)を使ってみて、改めて「短いソフトボードはアリだな」と感じました。

沢山テイクオフできて、ビギナーでも遊べる長めのソフトボードも良いですが、やはりショートボーダーなら、どんなコンディションでも多少のアクションは入れたいものですよね。

と言うことで、以下は参考までに、ショート系で話題のソフトボードをご紹介。
コストコは入門編として、筆者も次はぜひ以下なども試してみたいと思います。

上記は一度、友人に借りて何本か乗ってみましたが、テイクオフが早い上に、軽いリップアクションもできるくらいショートボードの雰囲気に近くてめちゃくちゃ欲しくなりました笑

ショートボーダーが気になるソフトボードと言えばミックファニングでしょう。通常のFCSフィンが装着できて、よりショートに近い乗り味なんだとか。乗ってみたい〜

そのミック・ファニングが主催したソフトボードのデザインコンテストで見事入賞し、MFソフトボードから発売することになった「KUMA FISH」。これも乗ってみたい〜

オールラウンドに使えるという噂の「softeck」FCS2フィンの使用も可能。

コメント