新島/GWサーフトリップ

シークレットのさらに右奥、玉石のポイント

GWの休みを利用して、久しぶりに新島へ行ってきました。

波はコシ~ハラくらい。日によってムネくらいはあったものの、基本的にはスモール。今年はどこも地形イマイチのようですね。。

1枚目の写真は、「シークレット」のさらに右奥のポイント。ほんとはここでサーフしたかったですが、結局一度もいけずじまい・・

滞在中は毎日のように「シークレット」を狙ってのサーフィンとなりましたが、簡単フォトリポートでご紹介します。

羽伏浦は地形イマイチ、毎日「シークレット」でサーフ

羽伏浦でのびのびサーフを期待したものの、まだ地形深め。潮が引いてもまともにできそうにはありません。

シークレット入口付近もほとんど割れず。チーン

基本的には毎日30分以上を歩いて、シークレットの(遥か)右奥でサーフ。この毎日の徒歩移動がキツイ!

はるばる来れば、まぁできる波ですが、スペシャルなコンディションには当たりませんでした。トホホ。

ちなみに島の東側でまともにサーフィンできるのは、シークレットの(遥か)右奥と淡井浦のみ。

みんな歩くの嫌なので、この淡井浦にサーファー集中気味。GWということもあり、ちょっと危ない感じの混み具合でしたね。(写真はまだ少なめですがローカルもややピリピリ)

新島の地形、サーフポイント、水温など

GWの新島の水温はまだ少し低め、ウェットスーツはジャーフルが丁度良い感じ。しかし日差しがある日中はシーガルもOK、普段から寒さに強い方は両方持ってのトリップがオススメです。(私は朝イチや曇り以外は全てシーガル笑)

ちなみに5月の新島は、比較的に砂が付く=地形が良くなるイメージでしたが、今回は全然ダメでした。羽伏浦界隈がもう少し割れてくれるとサーファーもかなりバラけますし、サイズがもう少しあればポイント選択の幅も広がると思いますが、コシ~ハラ前後のアベレージサイズですと厳しいですね。俗に言う「5月~6月にかけて地形が整う」というのはもはや都市伝説な気がします。。笑

なお4WDがあれば、シークレットまでの移動も楽チンで、毎日同じ場所でも楽しくサーフィンできると思います。さらに奥、ミサイル下方面まで進めば貸しきりサーフも可能でしょう。

次回は4WDを持ち込んでのサーフトリップが必須ですね。。^^;

※島内で4WD車のレンタカーはおそらく無いと思います。これまで4駆に乗りたければ、車を持っているローカルと仲良くなるか、そういったガイドを探すしかないのではと思っていましたが、数年前より下田港からのフェリーで車を載せてこれるようになりました。車の持込みがオススメ、というか超ウラヤマです。「シークレット」についての参考情報は以下よりどうぞ。

★新島・シークレットポイントのご紹介

ちなみに今回の新島サーフトリップ、結果的にサーフィンはシークレットばかりになってしまいましたが、言い換えれば「他がダメでも、シークレ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする